訪問マッサージについて

ヨガのポーズ
ヨガのポーズ

現在では会社員をさせていただいておりますが、以前はマッサージ師をおこなっておりました。ヘルパーのマッサージ師です。

仕事内容ですが、自分は週に4回の出勤をさせてもらっており、そして自分が担当をしている患者に対してマッサージをさせてもらっております。
時間などは基本的には一時間ときまっておりますが、自分が暇なときであれば、自分としては、2時間、3時間などを患者の人とお話をさせていただくことがあります。

じぶんが行っているマッサージですが、基本的には指圧のマッサージをさせていただいております。お客様の要望であれば、資格は取得をしてはおりませんが、タイ古式マッサージのようなストレッチを基本としたマッサージをさせてもらったこともありました。お客様に接客をおこなうときにいたっていろいろな要望をおこなってきたり、お客様よっては違ったタイプの人がいろいろと存在をしているので、それに応じて機転を利かせて臨機応変に対応をさせてもらっております。
タイ古式マッサージについて

中にはクレームをつけらたり、することもありますが、それは仕事であるので我慢をするしかないと考えております。
現在ではエンジニア関係の仕事をさせていただいておりますが、転職をさせていただいた理由としては、もう少し自分の仕事の幅を広げたいと思って転職をさせていただきました。
ですが、こちらの仕事をさせてもらっていてほんとうによかったと思っております。

訪問マッサージの仕事内容

訪問マッサージというのはお年寄りや体の不自由な方など、自分の足で病院に行くことが困難な方が健康保険を適用して利用することができるマッサージです。その名前の通り、マッサージ師が患者様のご自宅へと出向き、その場で施術を行うというものです。

仕事の内容は患者様の体調などを考慮する必要があるためひとりひとり異なっています。基本的にはどんなことをするのかというと、あん摩や指圧などによって血行を良くし、新陳代謝を促してあげたりといったことを行います。

これらは血液やリンパの循環を良くするだけでなく、床ずれやむくみの解消も目的としてます。その他にも動かしていないことから固まってしまった筋肉や関節をほぐし、痛みやしびれを緩和したりといったことも行います。その後のリハビリをしやすくなる準備運動のような効果も含まれています。

マッサージによって筋肉や関節の可動域を広げてあげることにより、日常生活を送るために必要な動作の向上を促すことが目的です。また、可動域が広がることは介助者の負担を減らすことにも繋がります。

身体的な能力の向上や維持といったことが主な仕事内容ということになりますが、実はそれだけではありません。

施術中にコミュニケーションを取ることによって信頼関係を築き、患者様の精神的負担の軽減にもなるのではないかという目的もあるのです。
訪問マッサージをすることによって心身ともに健康を保ったり、向上させることが仕事といっても良いでしょう。

マッサージの仕事内容について。こちらも詳しく書いてあります。

訪問の転職情報はこちらから